商品詳細

新しい骨形態計測<br>Modern Bone Histomorphometry

サンプルを見る(電子ブック)

新しい骨形態計測
Modern Bone Histomorphometry

商品仕様

  • 販売価格:6,480円(税込)  [本体 6,000円+税]
  • A4
  • 241 頁
  • 監修 : 遠藤直人
       新潟大学大学院医歯学総合研究科
       機能再建医学講座整形外科学分野教授
  • 編集 : 山本智章
       新潟骨の科学研究所所長
       新潟リハビリテーション病院院長

サポート情報

  • 目次詳細 目次アイコン
    監修にあたって 遠藤 直人

    第Ⅰ章 骨組織の基本事項

     Basic bone biology

      1.骨の構造 ----------------------------------------- 小澤 英浩  1
      2.モデリング/リモデリング/ミニモデリング ----------- 佐野 博繁 21

    第Ⅱ章 骨組織形態学の歴史 - 黎明期における経験とその後の発展 - 髙橋 榮明

     A History of Bone Histomorphometry
     - An Experience of Early Stage and its Progression -

      1.黎明期における研究者たち ------------------------------------ 27
      2.日本における骨形態計測学のはじまり -------------------------- 29
      3.海外における骨形態計測学の発展 ------------------------------ 31
      4.機器,標本作製・染色法の進歩 --------------------------------- 33
      5.骨形態計測分野の現状と将来 ---------------------------------- 34

    第Ⅲ章 骨形態計測用語体系(2013 改訂版) 田中 伸哉

     Nomenclature of Bone Histomorphometry

      1.リモデリング,基本細胞単位(BMU)と基本構造単位(BSU) ----------- 40
      2.一次計測(一次パラメーター) ---------------------------------- 41
      3.海綿骨形態計測 ---------------------------------------------- 46
      4.皮質骨形態計測 ---------------------------------------------- 50
      5.リモデリング率が低下している場合の動的パラメーターの評価 ---- 54
      6.単位と次元 -------------------------------------------------- 55
      7.成長軟骨板の計測 -------------------------------------------- 55

    第Ⅳ章 骨形態計測の実際

     Practical bone histomorphometry

      1.動物種の骨格の特徴 ------------------------------- 関 あずさ 58
      2.動物実験計画のあり方 ----------------------------- 関 あずさ 62
      3.骨標識方法 --------------------------------------- 関 あずさ 66
      4.標本作製 ------------- 島倉 剛俊/梶原 誠/矢島 伸之/大熊 健司 70
      5.計測システムと計測の実際 ------- 島倉 剛俊/梶原 誠/矢島 伸之 77

    第Ⅴ章 動物実験 Rat を用いた試験方法と結果

     Animal experiment -Rat model-

      1.ラットの骨の特徴と加齢性変化 ----------------------- 福田 俊 85
      2.卵巣摘出ラットモデル --------------------- 高尾 亮子/下村 綾 90
      3.不動化モデル ------------------------------------- 鵜澤 豊暢 96
      4.腎不全モデル ------------------------------------- 岩﨑 香子 103
      5.骨折治癒モデル ----------------------------------- 関 あずさ 108

    第Ⅵ章 動物モデル

     Other animal model

      1.ウサギを用いた埋植試験方法 ----------------------- 関 あずさ 112
      2.マウスの骨形態計測 ------------------------------- 大和 英之 116

    第Ⅶ章 ヒトにおける骨形態計測 山本 智章

     Human Iliac bone biopsy in Clinical Practice

      1.腸骨生検の概要 ---------------------------------------------- 122
      2.ヒト腸骨生検での骨形態計測のパラメーターとその解釈 ---------- 124
      3.骨形態計測の臨床的意義、役割 -------------------------------- 126

    第Ⅷ章 薬剤における骨形態計測(動物実験) - 骨吸収抑制剤 vs. 骨形成促進剤 - 森 諭史

     Histomorphometrical evaluation of drug effects in animal study
     - Anti-resorptive agents vs. Anabolic agents -

      1.動物モデル -------------------------------------------------- 130
      2.ビスフォスフォネート製剤 ------------------------------------ 131
      3.骨形成促進剤:テリパラチド ----------------------------------- 132
      4.骨折治癒に対する効果 ---------------------------------------- 135

    第Ⅸ章 骨組織評価方法の最前線

     New methods of bone research

      1.pQCT測定と解析 ----------------------------------- 野中 希一 137
      2.μCT測定と解析 ----------------------------------- 南郷 脩史 143
      3.DXA測定と解析 ------------------------------------ 長井 義則 154
      4.力学的評価

       (1)骨の材料試験 ------------------------------------ 坂本 信 161
       (2)動的粘弾性試験DMA ----------------------------- 岩﨑 香子 169
       (3)ナノインデンテーション法 ---------------------- 高垣 裕子 176

      5.凍結切片 ------------------------------------------- 泉 恵子 185
      6.電子顕微鏡 --------------------------------------- 網塚 憲生 189
      7.マイクロクラック ----------------------------------- 真柴 賛 199
      8.振動分光法(赤外分光法とラマン分光法) -------- 木村-須田 廣美 204
      9.X線回折法 ---------------------------------------- 中野 貴由 213

    あとがき ----------------------------------------------- 髙橋 榮明 223
    編集後記 ----------------------------------------------- 山本 智章 224
    索 引 ------------------------------------------------------------ 225

特徴

『今こそ 骨を見る 骨を学ぶ』
骨の形態、強度、代謝 ―すべてをこの一冊に

骨組織を直接観察することで、骨の形態や構造、代謝動態、強度、質的変化などの骨組織の持つ様々な面を評価する手法である「骨形態計測学」の入門書であり、骨の基礎研究、臨床研究の基盤となる一冊です。

昨今、超高齢化社会の到来により、注目を集めている骨粗鬆症の根幹となる「骨組織」に着目し、骨形態計測学に関する歴史から新しい解釈、実験、臨床における活用さらに最新の骨組織評価法まで、広範囲の内容を掲載しています。

数量:

この商品を注文する

他の商品も含め商品一覧から注文する

※「この商品を注文する」からご注文頂くためにはmyページにログインする必要がございます。