商品詳細

ビジネス著作権検定&reg;<br>BASIC 初級 公式テキスト

サンプルを見る(電子ブック)

ビジネス著作権検定®
BASIC 初級 公式テキスト

商品仕様

  • 販売価格:2,160円(税込)  [本体 2,000円+税]
  • B5判
  • 164 頁 小冊子 : 36 頁 ・ 2色
  • 想定学習時間 BASIC:10~12時間 初級:15時間

サポート情報

  • 目次詳細 目次アイコン
    ■BASIC

    第Ⅰ章 著作権とは何か

     1.著作権の性質 ---------------------------------------------------------  1
     2.著作権法の目的 -------------------------------------------------------  3

    第Ⅱ章 著作権で保護されるもの

     1.著作物の定義(1) ------------------------------------------------------  7
     2.著作物の定義(2) ------------------------------------------------------  9
     3.著作物の定義(3) ------------------------------------------------------ 11
     4.著作物の定義(4) ------------------------------------------------------ 13
     5.著作物該当性に関するその他の問題点 ----------------------------------- 15
     6.著作物の例示 --------------------------------------------------------- 17
     7.特別な著作物(二次的著作物) ------------------------------------------- 19

    第Ⅲ章 著作権は誰が持つ

     1.著作者の定義 --------------------------------------------------------- 23
     2.著作者の例外(共同著作物、職務著作、映画の著作物) --------------------- 25
     3.著作者と著作権者 ----------------------------------------------------- 29

    第Ⅳ章 著作権の内容

     1.著作権の内容(人格権と財産権) ----------------------------------------- 31
     2.著作者人格権 --------------------------------------------------------- 33
     3.公表権 --------------------------------------------------------------- 35
     4.氏名表示権 ----------------------------------------------------------- 37
     5.同一性保持権 --------------------------------------------------------- 39
     6.一身専属性 ----------------------------------------------------------- 41
     7.財産権としての著作権の内容 ------------------------------------------- 43
     8.複製権 --------------------------------------------------------------- 45
     9.上演権及び演奏権、上映権 --------------------------------------------- 47
     10.公衆送信権等 -------------------------------------------------------- 51
     11.貸与権、譲渡権、頒布権 ---------------------------------------------- 55
     12.二次的著作物に関する権利 -------------------------------------------- 59

    第Ⅴ章 著作権はいつまで保護される

     1.著作権の始期 --------------------------------------------------------- 63
     2.著作権の保護期間 ----------------------------------------------------- 65
     3.国際的保護 ----------------------------------------------------------- 69

    コラム ------------------------------------------------------------------- 71

    第Ⅵ章 他人の著作物は勝手に使えない

     1.著作権の譲渡 --------------------------------------------------------- 73
     2.利用許諾 ------------------------------------------------------------- 75
     3.契約 ----------------------------------------------------------------- 77

    第Ⅶ章 勝手に使える場合がある

     1.権利制限規定 --------------------------------------------------------- 83
     2.私的使用関係(1) ------------------------------------------------------ 85
     3.私的使用関係(2) ------------------------------------------------------ 87
     4.付随的著作物 --------------------------------------------------------- 89
     5.教育関係 ------------------------------------------------------------- 91
     6.図書館関係 ----------------------------------------------------------- 93
     7.非営利無償の上演・演奏等 --------------------------------------------- 95
     8.非営利無償の上演・演奏等(貸与) --------------------------------------- 97
     9.引用転載関係 --------------------------------------------------------- 99

    第Ⅷ章 著作物を伝達する者を保護する制度

     1.著作隣接権とは ------------------------------------------------------- 115
     2.著作隣接権者(実演家) ------------------------------------------------- 119
     3.著作隣接権者(レコード製作者) ----------------------------------------- 121
     4.著作隣接権の保護期間 ------------------------------------------------- 125

    第Ⅸ章 勝手に使うとどうなるか

     1.著作権の侵害 --------------------------------------------------------- 129
     2.みなし侵害 ----------------------------------------------------------- 131
     3.著作権侵害罪 --------------------------------------------------------- 135
     4.民事的対策 ----------------------------------------------------------- 139

    第Ⅹ章 著作権に関連する制度

     1.知的財産権制度 ------------------------------------------------------- 143
     2.情報モラルと著作権 --------------------------------------------------- 149


    ■初級

    第Ⅰ章 著作権の概要

     1.著作権の性質 ---------------------------------------------------------  2
     2.著作権法の目的 -------------------------------------------------------  4

    第Ⅱ章 著作物

     1.著作物の定義(第2条) --------------------------------------------------  8
     2.「思想または感情を」 ------------------------------------------------- 10
     3.「創作的に」 --------------------------------------------------------- 12
     4.表現したもの --------------------------------------------------------- 14
     5.著作物該当性に関するその他の問題点 ----------------------------------- 16
     6.著作物の例示 --------------------------------------------------------- 18
     7.特別な著作物 --------------------------------------------------------- 20
     8.保護される著作物 ----------------------------------------------------- 20

    第Ⅲ章 著作者

     1.著作者の定義(第2条第1項第2号) ---------------------------------------- 24
     2.著作者の推定(第14条) ------------------------------------------------- 24
     3.著作者の例外 --------------------------------------------------------- 26
     4.著作者と著作権者 ----------------------------------------------------- 30

    第Ⅳ章 著作者の権利

     1.著作権の内容(著作者人格権と著作権)(第17条第1項) ---------------------- 32
     2.著作者人格権 --------------------------------------------------------- 34
     3.公表権(第18条) ------------------------------------------------------- 36
     4.氏名表示権(第19条) --------------------------------------------------- 38
     5.同一性保持権(第20条) ------------------------------------------------- 40
     6.著作者人格権の一身専属性(第59条) ------------------------------------- 42
     7.著作者が存しなくなった後の人格的利益の保護(第60条) ------------------- 42
     8.財産権としての著作権の内容 ------------------------------------------- 44
     9.複製権(第21条) ------------------------------------------------------- 46
     10.上演権及び演奏権(第22条) -------------------------------------------- 48
     11.上映権(第22条の2) --------------------------------------------------- 48
     12.口述権(第24条) ------------------------------------------------------ 50
     13.公衆送信権(第23条) -------------------------------------------------- 50
     14.公への伝達権(第23条第2項) ------------------------------------------- 52
     15.展示権(第25条) ------------------------------------------------------ 54
     16.頒布権(第26条) ------------------------------------------------------ 54
     17.譲渡権(第26条の2) --------------------------------------------------- 56
     18.貸与権(第26条の3) --------------------------------------------------- 56
     19.二次的著作物に関する権利 -------------------------------------------- 58

    第Ⅴ章 保護期間

     1.保護期間の始期(第51条第1項) ------------------------------------------ 64
     2.著作権の保護期間 ----------------------------------------------------- 64
     3.著作権の登録制度 ----------------------------------------------------- 66
     4.著作物の国際的保護 --------------------------------------------------- 68
     5.外国人の著作物の保護期間(相互主義) ----------------------------------- 72

    第Ⅵ章 著作権の譲渡と利用許諾

     1.著作権の譲渡(第61条第1項) -------------------------------------------- 74
     2.譲渡に関する特掲(第61条第2項) ---------------------------------------- 74
     3.著作物の制作委託と著作権の譲渡 --------------------------------------- 76
     4.利用許諾による利用(第63条) ------------------------------------------- 76
     5.裁定による利用(第67条) ----------------------------------------------- 78
     6.共同著作権の場合(第65条) --------------------------------------------- 78
     7.著作権の消滅 --------------------------------------------------------- 78
     8.著作権法と民法について ----------------------------------------------- 80

    第Ⅶ章 著作権の制限

     1.権利制限規定の趣旨 --------------------------------------------------- 84
     2.私的使用のための複製(第30条) ----------------------------------------- 86
     3.付随的著作物の利用(第30条の2) ---------------------------------------- 88
     4.検討の過程における利用(第30条の3) ------------------------------------ 90
     5.技術の開発または実用化のための試験の用に供するための利用(30条の4) ---- 90
     6.「教育」関係 --------------------------------------------------------- 92
     7.「図書館」関係 ------------------------------------------------------- 96
     8.「非営利・無料」の場合の利用「上映・演奏等」関係 --------------------- 98
     9.「引用」「転載」関係 ------------------------------------------------- 100
     10.その他の権利制限規定 ------------------------------------------------ 104

    第Ⅷ章 著作隣接権

     1.著作隣接権 ----------------------------------------------------------- 116
     2.著作隣接権の内容 ----------------------------------------------------- 118
     3.著作隣接権の制限と保護期間 ------------------------------------------- 126

    第Ⅸ章 著作権の侵害

     1.著作権の侵害 --------------------------------------------------------- 130
     2.みなし侵害 ----------------------------------------------------------- 130
     3.著作権侵害罪 --------------------------------------------------------- 134
     4.民事的対策 ----------------------------------------------------------- 140

    第Ⅹ章 知的財産権制度

     1.知的財産権制度 ------------------------------------------------------- 144
     2.産業財産権と著作権 --------------------------------------------------- 146

    第Ⅺ章 情報社会と情報モラル

     1.情報モラルと著作権 --------------------------------------------------- 154
     2.プライバシーに関する制度 --------------------------------------------- 154

  • 訂正情報[RC0171(第1版)](2017.6.28更新)

特徴

権利を知る-著作権

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)による著作。

サーティファイ 著作権検定委員会主催「ビジネス著作権検定®」BASICおよび初級に対応した公式テキストです。

平成26年より新設された入門者向けの級「BASIC」の学習範囲も網羅して、よりわかりやすくなりました。著作権について身近な事例と豊富なイラストで学習できます。


【特徴】

  • ページ見開きの左側が「BASIC編」、右側が「初級編」となっており、受験級や著作権に対する知識レベルに合わせて学習できます。

  • 著作権について、身近な事例と豊富なイラストで学習できます。

  • 「BASIC編」では具体的な事例が入った学生同士の会話を通じて、著作権の入門的な基礎知識を学習します。「初級編」では、初級試験で問われる条文知識や論点について学習します。

  • 章末の確認問題で知識の定着が確認できます。

  • 著作権法条文を収録した小冊子が付いています。

数量:

この商品を注文する

他の商品も含め商品一覧から注文する

※「この商品を注文する」からご注文頂くためにはmyページにログインする必要がございます。